MENU

TAX

戦略的に納税しようよ

「JRD」では、将来のライフステージを見据えた「戦略的納税」をお手伝いいたします。

「戦略的納税」に関して

・多くの皆様は、毎月の給料から税金が源泉徴収されると思いますが、「資産形成不動産」のオーナーになられましたら、「給与収入」に加えて「不動産収入」が発生し、確定申告も必要となります。

・「開業届」・「青色申告」・「減価償却資産」等々、これまで馴染みの無かったことを理解して対応していく必要があります。これまでとは違う、視点を変えた「戦略的な納税姿勢」が必要です。「税金」の仕組みを理解した上で、将来発生するであろう「納税」に備えていくことが重要です。

・2015年には相続税法が見直され、2019年~2020年には相続法も改正されております。

・相続税法改正により、基礎控除額の引き下げ・税率の変更・小規模宅地等の評価見直し等があり、贈与税についても相続時精算課税の贈与者年齢制限の引き下げ、受贈者の範囲が拡大されております。贈与税の税率構造も一般贈与財産と特例贈与財産に分けられ、後者の税率は軽減されました。

・所有不動産を「賃貸」することにより、相続税評価額が大幅に圧縮もされます。税制・法制等の改正を理解した上でどの制度をどう組み合わせれば将来の資産形成に有効か、認識することが必要です。

・また、ライフステージにより「資産形成不動産」のオーナー様のニーズも変化し、子育て世代にあっては「キャッシュフローの確保」が重要ですが、リタイアが近い年代になると「ストック重視」・「老後資金確保」・「相続・贈与対応」に変化していくと思います。二次相続まで考える必要も出現してくるかも知れません。

・その「先々のニーズ(目的)」の実現の為に、税制改正等を理解して、「戦略性」を持って「納税できるご自身」であっていただきたいと思います。

「確定申告サービス」に関して

・ライフステージによって変化するニーズを取り込み、「戦略性」を持って「納税できるご自身」であるために、「JRD」では提携先を含む「専門家集団」が最新の税制・法制を理解・活用して、「解決の為の最適なアドバイス」を提供いたします。

・「資産形成不動産」を保有したその年度からの確定申告に対しては、税理士法人との提携による「確定申告サービス」もご用意しており、青色申告個人事業主として確定申告を行えば、青色申告特別控除等を受けることも可能です。「専門家集団」がオーナー様の「戦略的な納税」をサポートいたします。

・「JRD」では確定申告サービスのご提供等、「専門家集団」の英知を結集し、他社には見られないサービスをご提供しております。

オーナー様に対して、有益なサポートをご提供し、オーナー様との永い信頼関係を構築していく、というのが「JRD」の「経営方針」であり「最大の喜び」です。

皆さまの人生に「彩り(いろどり)」を添えられるよう、従業員一同、努力いたします。